FC2ブログ
認知発達教材を販売しています

就活・終活
こんにちは、こばとの遠藤です。

 梅雨も明けたかのような真夏、いやそれ以上の猛暑ですねぇ。なんだか人の心を狂わすような異常な気候。
それに、サッカーの熱狂とは裏腹な、いやな事件も多いと思いませんか?

 日常と非日常が現実の中でごちゃまぜになって、時々浮遊感を感じます。年のせいか・・・・。
 
 こばとを初めてから30年になりますが、最初の頃に関わった子はもういい大人、というより中年に差しかかっています。
30代男性のいい大人は、定年まで働くんだ、とメールしてきました。
 定年まで働いてくれ、と言われているらしいのが何よりうれしいことです。

 先日気になって、こちらからメールした青年は現在大学4年。
幼稚園年少の時に、こばとに来たその男子は初めは言葉もなく、自閉の症状が出てきたとお母さんは心底、心配の様子でした。
 療育開始後はアスペ傾向がはっきりしてきて普通級に進みました。
記憶力の強みを遺憾なく発揮して成績もよかったですが、やはり微妙なニュアンスの言葉はわかりにくかったです。

 中学生の時、友達にずうずうしい、と言われて意味が分からず、泣いて帰ってきた時があったそうです。お母さんはどういう状況だったのか話を聞き、それから図々しいにあたる態度を説明した、と話してくれたことがありました。人に好かれる性格でもあったし成績もよかったので、推薦で某有名私立大学に入りました。

今年4年になったので就活の様子聞きたくてメールしました。
はじめは私からのメールにびっくりしたのか、「はい、元気です」だけでしたが3度目のメールには大学の発達障がい学生のための支援・指導を受けて、就活も卒論もがんばている、とくわしく書いてありました。

これなら安心、私も気がかりがなくなりました。後は、自分の終活を頑張らなくちゃ。



なんか食べたい_convert_20180627170522 大好きな杏ゼリー_convert_20180627170604
Copyright © 発達障がい児ブログ. all rights reserved.