FC2ブログ
認知発達教材を販売しています

災害
こんにちは!、こばとの遠藤です。

何なの?今年の夏は!!!
暑い!暑い!暑すぎる___________ッ!

でも、いろいろ災害に遭われた方々を思う時、暑いだけを愚痴っていたらバチが当たってしまいます。
この暑い中の復興作業はどんなに難儀な事か、想像するだけで涙が出そうです。
本当に、今までに経験したことのない気象ばかり。

平成元年にスタートしたこばとの合宿の数々を振り返ると、最初の頃は夏らしい程よい暑さだった。
森の中の宿泊所の朝方は肌寒いくらいだったです。
それが年々暑くなり、爽やかで気持ちよかったサイクリングもゴールの時は汗びっしょり。
こばと最後の合宿では熱中症の心配さえありました。

 2013年こばと教室を移転した時、夏の行事は暑さのため中止でした。その後は遠藤の年のため療育からも撤退。
あれから5年、毎年異常気象の連続。

あぁ、地球はどうなってしまうんでしょう?
外に一歩出れば、人間の力の及ばない気温、気象。
気温の快適さをコントロールのきく、エアコンに頼ってきた報いなのでしょうか。
でも、現在は頼らないと、命の危険さえ言われます。
クールビズの言葉はどこへやら、もう死語になったみたいですねぇ。

 事務室犬シェリーも食欲以外は熱中症状態です。


災害② 災害①


就活・終活
こんにちは、こばとの遠藤です。

 梅雨も明けたかのような真夏、いやそれ以上の猛暑ですねぇ。なんだか人の心を狂わすような異常な気候。
それに、サッカーの熱狂とは裏腹な、いやな事件も多いと思いませんか?

 日常と非日常が現実の中でごちゃまぜになって、時々浮遊感を感じます。年のせいか・・・・。
 
 こばとを初めてから30年になりますが、最初の頃に関わった子はもういい大人、というより中年に差しかかっています。
30代男性のいい大人は、定年まで働くんだ、とメールしてきました。
 定年まで働いてくれ、と言われているらしいのが何よりうれしいことです。

 先日気になって、こちらからメールした青年は現在大学4年。
幼稚園年少の時に、こばとに来たその男子は初めは言葉もなく、自閉の症状が出てきたとお母さんは心底、心配の様子でした。
 療育開始後はアスペ傾向がはっきりしてきて普通級に進みました。
記憶力の強みを遺憾なく発揮して成績もよかったですが、やはり微妙なニュアンスの言葉はわかりにくかったです。

 中学生の時、友達にずうずうしい、と言われて意味が分からず、泣いて帰ってきた時があったそうです。お母さんはどういう状況だったのか話を聞き、それから図々しいにあたる態度を説明した、と話してくれたことがありました。人に好かれる性格でもあったし成績もよかったので、推薦で某有名私立大学に入りました。

今年4年になったので就活の様子聞きたくてメールしました。
はじめは私からのメールにびっくりしたのか、「はい、元気です」だけでしたが3度目のメールには大学の発達障がい学生のための支援・指導を受けて、就活も卒論もがんばている、とくわしく書いてありました。

これなら安心、私も気がかりがなくなりました。後は、自分の終活を頑張らなくちゃ。



なんか食べたい_convert_20180627170522 大好きな杏ゼリー_convert_20180627170604

バーコード
こんにちは、こばとの遠藤です。

アマゾンに出品することにした、ということは前回かきましたが、バーコードの権威・威力におどろいています。
 
 こばとの認知発達教材は平成19年度から107条図書として採用され、今年度も3000冊以上供給しました。
107条図書なのですが、それはこばとの教材を知っている先生、学校がが特別に教育委員会に申請して採用に至っていたのだ、と言いうことがわかりました。

 というのも、バーコードを付け、たということを教科書取次の日教販に連絡したところ、中級編、とけい・おかね・カレンダーは来年度の正式採択となるので、欠品しないように、という話でした。
 
 バーコードがついたということで来年度採択の通知が各県に行ったらしく、今年は問い合わせの電話,メールがやたら来るのです。バーコードの権威に驚いています。
 見本誌に使うので送ってほしいという注文も多数ありました。
 これまで10年間バーコードなしで2000冊から3000冊ほど供給していましたが、それらはこばと教材を知ってる学校が供給の
申請をしていたからなんだ、とわかりした。
バーコードなしでは全国の支援学校に広めたいという願望もでは、くもの糸程度でのですねぇ。
もっと早くバーコードを付けていらばよかった。アマゾンに出品するということがなければ思いうかなかったけど。、

 でも、来年はもう少しこばと教材が広まりそうな気配なので、楽しみです。

パソコン教室の生徒さん、いつも旅行のお土産を買ってきてくれます。旅先でもこばとのことを思い出してくれてうれしッ。

   田中①2  田中②2




アマゾン
こんにちは、こばとの遠藤です。

4月なのに、真夏日回数が過去最高!!!を記録してゴールデンウィークに突入しましたね。

こばとも4月は熱かったです。
というわけは、こばとの教材をアマゾンに出品するために四苦八苦の毎日だったのです。
JANコード・図書コードのバーコード(取得するまでの手続きがこれまた煩雑)を取得し、取得後、1教材ごとにコードと対応させて
アマゾンに出品登録。
 販売開始したのが4月の23日でした。4月中に!という念願をこばとのただ一人のスタッフが必死で達成してくれました。
そして、不思議なことにその翌日1件の注文が入ったのです。まるで、よくやった!と言わんばかりに。 うれしかったです。
コンビニ払い、クレジット払いができるようになったのが効果につながったようです。

 しかし、これからが本番。たくさんの人に検索してもらって、こばとの教材を広めていきたいです。
ということで、早速5月7日からキャンペーンをすることにしました。
 キャッチコピーは「学習がんばろう!応援キャンペーン」全教材10%OFF。

 でも、残念なことにアマゾンでは実績がないとセールはできないんです。なので10%OFFはアマゾンでは反映されないんです。すみません。
 さすがアマゾンというか、いろいろセキュリティ対策もあり、販売実績を上げないと認めてもらえないこともあるんです。
でも、これからいろいろチャレンジしてがんばっていきたいです。
 
 それから、バーコードを取ったことで、107条図書として採択が広まりそうな気配もあります。
今までより、多くの県の教育委員会からの問い合わせがあったので、来年度の嬉しい予感もでてきました。

縺翫@縺」縺謎クュ_convert_20180501161854 縺、縺・〒縺ォ縲€_convert_20180501162007 繧€縺玲爾縺誉convert_20180501162058



春は門出
こんにちは、こばとの遠藤です。

桜の満開はあっという間に終わって、葉桜の入学式になりましたねぇ。
花粉はまだ終わっていませんが、この時期の街ゆく人々の表情はいいですね。

なんだか、みんな前向きの顔をしていて、輝いている感じ。子どもや若い人を見るといいなぁ、と思います。
未来や希望にあふれていて。

 高齢になると、、むかう先に見えるのはエンディングだけですものね。どう見たって。
日々そのことを考えて、今日やれること、やり切れることを先延ばしせずやらなくては、と思うだけです。

 ところで、「世界自閉症啓発デー」がありましたが、世間一般にはまだまだですね。
先日、パソコン教室に通ってきている、支援学校高等部男子のお母さんからの連絡帳に、お花見に行って受けたショックが数ページにわたって書いてありました。

 ショックな出来事はこうでした。
息子は重度の自閉症男子で、幼児の頃はそれはそれは手がかかりましたが、高校生になった今は母とスキーに行ったり、レストランで食事をしたり花見にも行けるようになった、と喜んでいました。

その日の花見は人でにぎわっていました。母と息子は少し離れて歩いていた、と言います。
気持ちよく散策していた時、息子のよこを通り過ぎた中年女性二人が息子の仕草を見て、気持ち悪い、不審者?のようなことを言ったのです。後ろを歩いていた母は花見どころではなく心が凍ってしまいました。

おかあさんの気持ちは千々に乱れ、どうすべきであったか悩み続け、その気持ちをPC連絡帳に数ページにわたって書いてきたのでした。とっさには、固まって何もできなかった。声さえ出せなかったというのです。
お母さんにとっては厳しい返答かもしれないけれど、私は連絡帳に、その場で中年女性たちに息子は自閉症であることを明るく説明した方がよかったのではないかと書きました。明るく、さりげなく言うためにはすごい勇気も必要だとは思いますが。

 見た目にわかる障がいは理解されやすいけど、ガタイのいいイケメンの自閉症男子は一見障がいがあるようには見えないし。
連絡帳だけでは足りないと思い、お母さんに電話まで掛けました。自閉症児者が世間を一人で普通に歩くようになったのは最近のことで、会ってもこの人が自閉症?とまだまだ分からない人も多いと思います。
 パラリンピックなどで身体障がい者は注目されるけど、自閉症を理解してもらうには親御さんも世間一般に知られるよう伝道して行かないと、と話しました。

さんぽいや①_convert_20180413133834 さんぽいや②。_convert_20180413133545 さんぽいや③「_convert_20180413133633



Copyright © 発達障がい児ブログ. all rights reserved.