FC2ブログ
認知発達教材を販売しています

アマゾン
こんにちは、こばとの遠藤です。

4月なのに、真夏日回数が過去最高!!!を記録してゴールデンウィークに突入しましたね。

こばとも4月は熱かったです。
というわけは、こばとの教材をアマゾンに出品するために四苦八苦の毎日だったのです。
JANコード・図書コードのバーコード(取得するまでの手続きがこれまた煩雑)を取得し、取得後、1教材ごとにコードと対応させて
アマゾンに出品登録。
 販売開始したのが4月の23日でした。4月中に!という念願をこばとのただ一人のスタッフが必死で達成してくれました。
そして、不思議なことにその翌日1件の注文が入ったのです。まるで、よくやった!と言わんばかりに。 うれしかったです。
コンビニ払い、クレジット払いができるようになったのが効果につながったようです。

 しかし、これからが本番。たくさんの人に検索してもらって、こばとの教材を広めていきたいです。
ということで、早速5月7日からキャンペーンをすることにしました。
 キャッチコピーは「学習がんばろう!応援キャンペーン」全教材10%OFF。

 でも、残念なことにアマゾンでは実績がないとセールはできないんです。なので10%OFFはアマゾンでは反映されないんです。すみません。
 さすがアマゾンというか、いろいろセキュリティ対策もあり、販売実績を上げないと認めてもらえないこともあるんです。
でも、これからいろいろチャレンジしてがんばっていきたいです。
 
 それから、バーコードを取ったことで、107条図書として採択が広まりそうな気配もあります。
今までより、多くの県の教育委員会からの問い合わせがあったので、来年度の嬉しい予感もでてきました。

縺翫@縺」縺謎クュ_convert_20180501161854 縺、縺・〒縺ォ縲€_convert_20180501162007 繧€縺玲爾縺誉convert_20180501162058



春は門出
こんにちは、こばとの遠藤です。

桜の満開はあっという間に終わって、葉桜の入学式になりましたねぇ。
花粉はまだ終わっていませんが、この時期の街ゆく人々の表情はいいですね。

なんだか、みんな前向きの顔をしていて、輝いている感じ。子どもや若い人を見るといいなぁ、と思います。
未来や希望にあふれていて。

 高齢になると、、むかう先に見えるのはエンディングだけですものね。どう見たって。
日々そのことを考えて、今日やれること、やり切れることを先延ばしせずやらなくては、と思うだけです。

 ところで、「世界自閉症啓発デー」がありましたが、世間一般にはまだまだですね。
先日、パソコン教室に通ってきている、支援学校高等部男子のお母さんからの連絡帳に、お花見に行って受けたショックが数ページにわたって書いてありました。

 ショックな出来事はこうでした。
息子は重度の自閉症男子で、幼児の頃はそれはそれは手がかかりましたが、高校生になった今は母とスキーに行ったり、レストランで食事をしたり花見にも行けるようになった、と喜んでいました。

その日の花見は人でにぎわっていました。母と息子は少し離れて歩いていた、と言います。
気持ちよく散策していた時、息子のよこを通り過ぎた中年女性二人が息子の仕草を見て、気持ち悪い、不審者?のようなことを言ったのです。後ろを歩いていた母は花見どころではなく心が凍ってしまいました。

おかあさんの気持ちは千々に乱れ、どうすべきであったか悩み続け、その気持ちをPC連絡帳に数ページにわたって書いてきたのでした。とっさには、固まって何もできなかった。声さえ出せなかったというのです。
お母さんにとっては厳しい返答かもしれないけれど、私は連絡帳に、その場で中年女性たちに息子は自閉症であることを明るく説明した方がよかったのではないかと書きました。明るく、さりげなく言うためにはすごい勇気も必要だとは思いますが。

 見た目にわかる障がいは理解されやすいけど、ガタイのいいイケメンの自閉症男子は一見障がいがあるようには見えないし。
連絡帳だけでは足りないと思い、お母さんに電話まで掛けました。自閉症児者が世間を一人で普通に歩くようになったのは最近のことで、会ってもこの人が自閉症?とまだまだ分からない人も多いと思います。
 パラリンピックなどで身体障がい者は注目されるけど、自閉症を理解してもらうには親御さんも世間一般に知られるよう伝道して行かないと、と話しました。

さんぽいや①_convert_20180413133834 さんぽいや②。_convert_20180413133545 さんぽいや③「_convert_20180413133633




放課後等デイサービス
こんにちは、こばとの遠藤です。

春ですねぇ。
 「花粉お見舞い申し上げます。」

毎年のことではありますが、3月は盛沢山の、いろんな思いのある特別な月ですね。
私は3・11を起点にして物事を記憶するような癖がついてしまいました。
あの日のことはビデオの映像のように再生されますね。

 さて、3月は新年度の準備月。
近年、児童ディサービスでも学習支援するところがふえてきているので、全国の放課後等デイサービスの事業所に、こばとの新教材を紹介するメールを送ることにしました。

 県ごとに放課後等デイサービス事業所を検索しているのですが、県によってずいぶん違いがあるものだと、驚いたり、納得したりしています。
 というのも、こばとでは毎月県別の売り上げの統計もとっているのですが、教材の購入が多い県と、めったに購入がない県があります。
 それがディサービスの事業所の検索と重なるのです。購入の多い県は、事業所のホームページも多く、学習支援のサービスの有無も書いてあります。人口にもよるでしょうが、県によっては放課後等デイサービス事業所のホームページが数件しか見つからない県もあります。

  県によって発達障がいの子ども達が受ける教育サービスも随分違うんだろうなぁ、と思ってしまいました。
ますます、全県の支援教育にこばとの教材を広めたい気持ちを強くしています。

 蟇昴◆縺オ繧岩蔵_convert_20180310172447蟇昴◆縺オ繧岩贈_convert_20180310172630蟇昴◆縺オ繧岩造_convert_20180310172656

ライン始めました。
こんにちは、こばとの遠藤です。

今日、平成30年度107条図書の梱包が完了しました!

今年の初回発送は1953冊です。段ボールにして27箱。
明日から発送です。事務室のそこここに積んであった教材が引き潮のように片付いてほっとしています。

去年、全面的に改訂した教材がどれだけ認知されるだろうか、支持されるだろうか、不安に思っていましたが、これだけの冊数が子どもの手元に届くと思うと、うれしいです。

私としては、多くの発達障がいの子ども達に学ぶ喜び、うれしさ、誇らしさを味わってほしいのです。
こばと治療教育センターを始めた頃、障がいのある子は、多動だから、鉛筆など持たないから、興味を示さないから、それよりは身辺自立が先、と言われる時代でした。
でも、学習する事で変わっていく子ども達の姿を見てからは、子どもにあう教材さえあれば変われるはず、と確信しました。

教材づくりに取り組んできて、本当に良かったです。
今は、放課後等児童ディサービスなどでも活用されてきていますから。

でも残念なことに、県によって差が大きく、ほとんど認知されていない県もあるのです。
日本中に広まって欲しいという願望が出てきました。

そこでラインを始めたのですが・・・・・お友達がふえればいいなぁ。

IMG_2336_convert_20180206151726.jpg

QR繧ウ繝シ繝峨€€縺薙・縺ィ謨呎攝蜃コ迚・convert_20180206145956 友だち追加

平成30年
こんにちは、こばとの遠藤です。

明けましておめでとうございます。なんてセリフはもうはるか彼方ですね。
もう、全く普通の毎日です。

今年は1日1日を丁寧に過ごすことのみ目標にしました。
うっかりした、忘れてしまったはなしにする、めんどうでも後回しにしないで、すぐやることにします。
タナボタの幸運など妄想せず、躓いて転ばないことに運を使おうと思います。

それにしても、71ともなると、体のメンテナンスは範囲が広がりますねぇ。
目も歯も皮膚も骨も筋肉もあちこちです。これは仕方のないこと。小細工しながらなり行きに任せるしかないです。

 仕事的には、去年は教材の大幅改訂をやりましたが、今年はやり残してあったカード教材をワークシート形式で作る!
のだけはやりたいですね。
後は、新教材をどうやって広めるかですが、今日うれしいメールをもらいました。


「教材は想像していた以上に使いやすい内容で、これからの療育が楽しみになりました」、という放課後等児童ディサービスの方からのメールでした。
こんなお便りをいただくと、今年も頑張ろう!という気持ちになります。

                       あけおめ

Copyright © 発達障がい児ブログ. all rights reserved.